« ポポフ引退 | トップページ | MR-Sドナドナする »

2005/02/20

スイマガ

スイミングマガジンを久しぶりに読みました。
といっても、立ち読みですが。
いつも内容が難しくて、あまり好きじゃないのですが、今月号の巻頭特集は珍しくよかったです。

今月は技術的な内容でした。
それは、プルはキャッチするのではなくライドオンするのだという事です。
ここまで読んだときは、相変わらず難しい事をって思い、読むのをやめようかと思ったのですが、その後がよかったですね。

ちなみに、ライドオンという考えは、高いボディポジションで泳ぐ事によって水をキャッチして無理やり押していくのでは、水に乗っていくという様な考えです。たぶん。

そのための技術が、高いボディポジションと細い泳ぎ方(抵抗の無い泳ぎ方)です。
そして、そのための練習がけのびでした!

私は元々キック中心の泳ぎでしたが、障害者になって強いキックを打つとバランスがとれずキックが生かせないというジレンマをずっと抱えていました。
プル中心の泳ぎに変えたり、キックを生かそうとしてフォームを変えたりといろいろやった結果、たどり着いた考えがまさにこれです!

かなり泳げるマスターズスイマーでもこれが意外と出来てないんですよねえ。
水泳は動かしているところより動いてないように見える部分が大事です。
これは障害者の場合でも同じだと思ってます。

ライドオンにたどり着くのは難しいけど、高いボディポジションと細い泳ぎはもっと意識する価値はありそうです。

|

« ポポフ引退 | トップページ | MR-Sドナドナする »

水泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイマガ:

« ポポフ引退 | トップページ | MR-Sドナドナする »