« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006/07/23

長水路

久しぶりにアクシオンに泳ぎに行った。
長水路を泳ぐのは、いつ以来でしょう?
去年は泳いでないし、記憶にないくらい久しぶりです。
アクシオンは相変わらずよく冷えたプールです。インターバルでもやらないと体がひえひえ状態。
3000mくらい泳ぐぞ!意気込んで行ったが、2000mでギブアップ。
やっぱ、長水路はきつい。
でも、久しぶりに気持ちよかった。
9月のマスターズまで、暫く通うかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

桜島・錦江湾横断遠泳大会(当日)

鹿児島は、先週はあんなにいい天気。今週はすごい事になってるみたいです。
とりあえず続きを。

大会当日は快晴。あついーっ!
朝から汗が吹き出てきて、たっぷり塗った日焼け止めも流れてしまいそうです。
Kinko1
スタート地点の桜島の小池海岸から4.3km先のゴール地点の磯海水浴場が遥か遠くに見えます。真ん中に見える白い建物の辺りがゴールの磯海水浴場です。
でも、去年のうたせOWSの周回コースより楽です。もう一周ってやつはきついですから(笑)
開会式も終わり、第1ウェーブから5分おきにスタートしていきます。私たちの第4ウェーブは9時15分にスタート。
しかし、スタートしてすぐに自分の考えの甘さに気がつく事に。
メンバーを集める事で精一杯だったので、メンバーの力の差を甘く勘定していたみたいです。考えていたよりもゆっくりとしたペースで泳ぐ事となりました。まあ、お陰で錦江湾は堪能です。のーんびりと空を見ながら泳いだりも出来たし。ただ残念ながら、イルカ達には会えませんでした。
肝心のレースは、意外と潮の流れがあったみたいで、常に左方向へ流されながら泳いでいたみたいです。あと、私にとっては水温が問題なってくるのですが、きちんと保温対策をしておいたので全く問題なし。ベタ凪の錦江湾を淡々と泳いでいきます。そして、ゴールの磯海水浴場が近づいてくると、例のゴミの山と遭遇。ゴミを掻き分けて、2年がかりでのゴールです!
感動のゴールです!と言いたいのですが、レースが淡々と進んだので、達成感が薄かったよな気が。
結果は1時間20分50秒で100チーム中43位でした。
トップは、49分30秒。2位は、49分50秒。速いです、見ていても面白かったでしょうね。

それにしても、錦江湾遠泳は出場するまでのハードルは高かったです。抽選あり、たくさんの提出書類、前日には絶対参加の監督会議などなど。
ただ、大会主催者の盛り上げていこうという意欲はすごく感じられる大会です。それが空回りしている部分もあり、もう少しシンプルにしてもいい様に感じました。多すぎるボランティアや巡視艇など。
さて、レース終了後は早々に磯海水浴場から撤収して温泉に向かいます。海で泳いだ後はさっぱりしたいですからねぇ。しかし、去年のうたせではこの温泉が悲惨だったのですが、今年は全然問題なし。ちょっとひりひりする程度です。鹿児島って紫外線弱いんですか?
そして、締めはやっぱり黒豚ってことでまたまた黒豚食べて帰路に着きました。お陰で帰りは爆睡。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/18

桜島・錦江湾横断遠泳大会(前日)

土曜日の午前中に福岡を出発して、昼過ぎに鹿児島に到着。
ホテルにチェックインして、夕方から行なわれる監督者会議の前にゴール地点の磯海水浴場の確認に出かけます。しかし、海水浴場へ向かう道路は大渋滞。ようやく着いて、見た磯海水浴場の遊泳区域はゴミの山。これじゃ、桜島も霞んでしまいます...
どおりで、渋滞している割に海水浴客が意外といないわけです。とりあえず、ゴミを掻き分けながら泳いでみます。透明度は殆ど無いものの、水温は程よい感じです。ただ、あまりにも波が無くOWSとしては物足りない感じ(笑)
海水浴場には同じ様に下見をしにきたと思われる人達も。
その後、監督会議の会場へ移動して、1時間ほど話を聞きます。
夜、遅れてきたメンバーと合流して、打ち合わせを兼ねて黒豚のしゃぶしゃぶを堪能。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/01

Fespic

障害者にとってオリンピックはパラリンピック、アジア大会がフェスピック。
以前所属していたチームのK君がフェスピック代表に選ばれました!
おめでとう。
試合もそうだけど、いろいろ堪能してきてくれ。
ちなみに、キャプテンになりそうなのは、よく知ってるI君っぽい。
大変さはよく知ってる、ほどほどにがんばれよ(笑)

このフェスピック、北京は最終選考で落とされ、バンコク、釜山と断り、一度も出場できなかった...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »