« スタート練習 | トップページ | レガシィ2.0Rインプレ »

2007/04/17

サテライト鳥栖戦

土曜日の甲府戦は面白かった、けど結果は2対2のドロー。見ていて思ったのは、やはり本職のストッパーの必要性。
そんな訳で、日曜日に小郡でサテライトの鳥栖戦を見に行ってきました。
メンバーは、GKが木寺。DFは右から中尾、吉弘、槙野。MFは右が遊佐、左が入船、ボランチが高萩、攻撃的MFが桑田と李。FWは田村と前田。リザーブがGKの河野、MFの岡本、FWの横竹。
リザーブはたったの3人、それもフィールドプレイヤーの二人はユース選手です。
この試合で注目したのは、DFの吉弘と槙野、怪我から復帰した李。そして、やはり見ておかないといけないと思ったのが前田です。
フォーメーションは3-5-2のワンボランチ。トップと同じシステムです。
見て、まず思ったのが、サテライトリーグの難しさです。
鳥栖の場合、トップチームが散々たる状況ですから、サテライトで結果を残せば週末先発もありえます。しかし、サンフレッツチェの場合は難しい...

さて、試合です。
しかし、開始からサンフレッツチェの覇気の無さが目立ちます。ビルドアップでのパスミスなどのオンパレード。見ていて、頭を抱える様な内容です。一方の鳥栖も最後の詰めが甘く、チャンスを生かしきれずに前半は無得点で終わります。
後半は高萩がボールを捌ける様になり、サンフレッツチェにもチャンスが出来てきます。
けど、先制は鳥栖。ディフェンスのマークがずれた所を狙われました。トップチームがやられているのと同じパターン。その後、遊佐のオーバーラップからのクロスに桑田がヘディングで合わせて同点になります。それからは、お互いチャンスはあるが決められずという内容で終わってしまいました。
注目していたメンバーはというと、DFの二人は軽いプレーを連発していて怖くて見ていられない。李は本調子には程遠いプレーだったが、まあ復帰できたということで。前田は、2年前私たちをわくわくさせてくれた人物とはまるで別のプレイヤーとしか思えない。
収穫は、高萩。当然といえば当然だが、サテライトに出てるプレイヤーではないです。いい時と悪い時のムラをなくしていくだけでしょう。あとは、遊佐ぐらいかな?

週末は、CLでC・ロナウドのプレーに感動して、Jリーグで久しぶりに公太のキレキレのプレーに喜んでいたのに、最後に見たサテライトの試合ですっかり気分はドンヨリです...

|

« スタート練習 | トップページ | レガシィ2.0Rインプレ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

そりゃ、この内容だと、ドンヨリなりますよね。でも、すごい解説力、サッカーマガジン読んでるみたい。

投稿: らいか | 2007/04/17 22:54

昨日あった愛媛FCとの結果は、割と評価されているんですよね、某サイトでは。
前田に関しても。
これは、ある意味柏木効果かな?

投稿: もとっち | 2007/04/18 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サテライト鳥栖戦:

« スタート練習 | トップページ | レガシィ2.0Rインプレ »