« マスターズ短水路大会遠征計画 | トップページ | 空路、海路、それとも陸路? »

2008/02/20

肝炎ウィルス検査

今日、休みを取って肝炎ウィルスの検査に行ってきました。
という話が出来るのも、結果が陰性だったからですが。
私は平成4年度以前に輸血を受けた30歳以上のハイリスク者にあたります。

さて、実際の肝炎ウィルス検査はB型とC型、そして再検用の3本を採血されるだけです。
その場で検査されているのは、B型とC型のエライザ法検査の様で1時間もあれば陽性か陰性の判定が出ます。
ただし、陽性と陰性の間、つまりグレーゾーンだった場合はPCR法で再検する様で、PCR法が出来る臨床検査機関に外注されてます。これは、結果が帰ってくるまで1週間かかります。

肝炎訴訟によって可能になった検査です。
ハイリスク者にあたる方は検査に行きましょう。

|

« マスターズ短水路大会遠征計画 | トップページ | 空路、海路、それとも陸路? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肝炎ウィルス検査:

« マスターズ短水路大会遠征計画 | トップページ | 空路、海路、それとも陸路? »